保育士の仕事を詳しく分析

保育士の仕事を詳しく分析

保育士の基本的な仕事

保育士の仕事はみなさんもご承知の通り、保護者に変わり保護者が保育できない時間に変わって子供たちの保育を行う仕事です。現代は保育士が仕事をする場所も、保育園のほかに児童館や学童保育、また病院内保育所や企業内保育所など多岐にわたっています。

乳児から小学校就学までの幼児を保育する仕事となり、お子さんたちのお世話をする仕事ですが、様々な仕事があり子供たちが健康に成長していくためにとても重要な役割を持っている仕事です。

基本的には食事や睡眠、排泄のサポート、さらに子供たちが常に清潔な状態でいられるように配慮すること、衣類の着脱などの基本的な生活動作を身に着けさせる等、親御さんが保育する際に行うことを保育所内でも行うことになります。また最近の保育所ではこれにプラスして子供たちの感性を引きだす様々な教育的な事も行う所が多くなっていますし、運動能力を高めるための行動等も取り入れている保育施設など多くなっています。

年齢、月齢によって保育士が子供たちにしていくべきことは異なってきますので、小学校未就学児童に必要な保育について専門知識を持っていること、技術を持っていることが求められます。勿論挨拶、マナー等も少しずつ年齢に応じて教えていくことが必要となりますので、体力的にも精神的にも大変な仕事です。

しかし子供たちに大切な幼児期を共に過ごす事の出来る時間となりますし、保育士でなければ味わうことのできない感情や感動を得ることができる尊い仕事です。